休みのリフレッシュとjava勉強の両立

プライベートの時間は、どのように利用するかは自由です。
しかしエンジニアの場合には、休みの過ごし方次第で実力に大きな差が表れます。
仕事に従事する時間が同じであるならば、その他の時間の使い方に違いが生じます。
ただし、プライベートな時間にまで仕事を持ち込むと、心身が休まらず仕事に影響してしまい、かえって悪い結果をもたらしかねません。重要であるのは、余暇に体を休ませながらも、効率よく能力アップの勉強を行うというにあります。
空き時間をうまく利用すれば、休みの時間にリフレッシュしながら、能力アップを図る事は可能です。

javaプログラマーの場合は、空き時間に仕事に役立つ資料をまとめておくといったことができます。
仕事に忙しく、勉強の余裕がないといっても、改めてよく普段の時間の使い方を振り返ってみれば、改善の余地は多くあります。
貴重な休みを無駄にすることなく、プライベートや仕事にフル活用することで、javaプログラマーとしての将来の実力に違いが見られます。

もしライバルと比較して、能力面で劣ることを実感するのであれば、それは仕事の時間よりも休日に何らかの挽回のヒントがあります。
仕事ができる人たちが、いかに工夫して休みの時間を仕事にも活用しているかを知ることもまた、技術者として成長できるチャンスです。
休みの過ごし方をうまく活用しそれを習慣化すると、将来のjavaプログラマーの能力の差に効果が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です